北海道札幌市のWebサイト制作・webマーケティング・ECサイト制作会社

【飲食店必須手法】MEO対策で新たな集客を。

Share on facebook
Share on twitter
MEO集客

この記事では、2021年最新版の飲食店・実店舗集客には必須の手法であるMEOについて紹介します。

目次

MEOとは?

MEO対策とは、Map Engine Optimizationの略で、マップエンジン最適化を図ることで、Googleマップでの検索(ローカル検索)結果において上位表示させることを指します。

たとえば、Google検索で「居酒屋」「ハンバーガー」などと入力すると、現在位置の近隣の店舗が地図の画像とともに検索結果に表示されます。

住所や電話番号、営業時間といった概要情報や口コミなども併せて表示されるため、

MEO対策をすることは実店舗を中心にビジネスを行っているビジネスオーナーから高い関心を持たれている集客手法の一つです。

SEOとMEOの違いについて。

SEOとは、検索エンジン最適化といい。ユーザーに価値のあるコンテンツを提供し、適正に検索エンジンに評価されるように、内部を整えたり

することで、Google検索での上位化を目指すと言うものです。

SEOの特徴としては、検索して自ら訪れるユーザーが多いことで、購入やお問い合わせなど、成果に結びつきやすいユーザーの流入を得ることができる。

また、検索ボリュームの多いキーワードで上位化されていることによって、ブランディング効果があるのも特徴と言えます。

一方でMEOの特徴としては「同一キーワードでも地域や場所によって検索結果が異なることを考慮した対策ができる」ことが挙げられます。

例えば、同じ「近くの美容室」というキーワードでも、北海道で検索した場合と東京で検索した場合では、検索結果に出てくる店舗は異なります。

これはGoogleマイビジネス内の位置情報をはじめとする様々な情報をもとに、Googleが検索結果を表示しているためです。

MEOではこうしたアルゴリズムを逆手に取り、店舗が集客したいエリアのユーザーが検索した際に、上位表示されるよう対策を行うことができます。

実店舗でのサービスを行っているビジネスであれば基本的にどのエリア・業種でも対策は可能になるため、商材や業種によって向き不向きがなく、

実店舗を持つすべての業種で対策可能と言えます。

MEOのメリット。

MEOのデメリット。

まとめ

MEOは店舗の認知拡大を図るうえで効果的な施策です。

また、SEOや媒体よりリーズナブルに取り組める施策でもあります。

Webで店舗集客をおこなおうとしている実店舗オーナー様は、ぜひMEOを前向きに検討してみてはいかがでしょうか。

logo

記事検索

About Me

【CHASM】は北海道札幌市を拠点にマーケティングに強いweb制作、EC制作を行います。単にweb制作を行う(作る)だけでは成果や売り上げに繋げるのは難しくなっております。
制作したものをどのように運用するのが一番なのかを第一に、お客様の成功の架け橋になるのが【CHASM】の役目です。

最新の記事

shopify-partner

制作パートナー募集中です。

この度、業務拡大のため制作業務においてパートナーとして
一緒に仕事をしていただけるパートナさんを募集します。

案件ごとにご相談させていただく形となりますが、
ご興味ございましたら、お問合せフォームよりお気軽にご連絡ください。

WORKs
Previous
Next